« 2017年07月 | メイン | 2017年09月 »

2017年08月 アーカイブ

2017年08月01日

ベッカム夫人と不動産のこと

有名なサッカー選手のデイヴィット・ベッカム。
彼の奥様といえばセレブ・ヴィクトリア・ベッカム夫人。
ヴィクトリアは笑わないことで有名です。いつも同じ角度で顔をとらせ、その角度でしか写真を出したがらない。
メディアに出演するときはいつも笑顔を見せずクールな表情のヴィクトリア。
スパイスガールズの時代から、公式の場ではほとんど笑顔を見せないことも有名でした。

その硬い表情のために、高慢そう、意地悪そう、怒っていると言われることが多い。
本人も過去にインタビューの中でそのことに触れて、
「ただ笑顔を振りまくのが苦手なだけ、思われているほど気分屋ではない」
と説明したこともあったほど。

その一方で親しい友人などは、ヴィクトリアは非常にユーモアがあって、
常に周りに笑わせ、彼女自身も笑い転げていることが多いのだと語っていた。
本当かってなりますよね。

でも一度、デイヴィットが妻・ヴィクトリアの満面の笑みの写真を公開。
公共の場ではあまり笑顔を見せない彼女ですが、
家族の前では素の笑顔を見せていることがわかります。

すべてにおいてマスコミ操作していないことを願う(笑)。
だって笑顔の練習ってするはずだよ、あういう世界って。
出来ないのは、シアワセじゃないからかなー、って誰もが思うよね。

それにベッキンガム宮殿とも称される豪邸。羨ましい。
こういった不動産って、どういっった会社が扱っているんだろうね。
金持ち専用の不動産会社とかあるのかなぁ。

不動産売却時の5つの注意点

初めて不動産を売るときとかって、上記のようなサイトである程度勉強すると思うけど、
金持ちはきっとコンシュルジュがつくんだろうね。
でもきっと手数料的なのものすごく高そう。本人は全然気にはならないんだろうけども。

2017年08月28日

鉄道会社の転職と自己PR

・前職を生かすという言葉

鉄道会社に転職する人の多くは異業種からです。鉄道会社から鉄道会社への転職をする人と比べると数が圧倒的に多いので、面接の際に「前職を生かして」という言葉を担当者は聞き飽きています。様々な業種がある中で鉄道という仕事はある意味特殊な職業です。鉄道会社で仕事をする上で生かせるスキルを身に着けておける仕事(前職)は実は少ないのです。鉄道会社の仕事というのはどういう仕事があるのかという事を細かく知ることが大切です。利用者目線で例えば駅員という仕事を見たときに浮かぶのは改札口に立っている制服を着た係員、という事くらいです。それでは前職を生かしてと言ったところで伝わりません。面接担当者が知りたいのはどれだけこの会社に入りたい、この会社で仕事をしたいという熱意があるかです。利用者目線でその会社を見ていたのではそれは伝わらないのです。駅員という仕事はどういう事をするのか、細かく調べる事や自分が改札に立つことを想定したときにどういう事を考えて立つのか、そのような事がイメージできれば前職をどのように生かすかおのずと具体的な答えが出てきます。

・アピールのむずかしさ

鉄道会社で中途採用を行っているのはいわゆる大手が多いです。そのような会社になると当然採用人数、希望者が多くなります。しかし面接はグループ面接ではなく個別面接という鉄道会社も少なくありません。鉄道という仕事は個人が活躍することよりも、個人個人が決められたことを確実に行うという事が重要です。グループ面接で他人と比較することはあまり意味がないのです。見えないライバルより面接担当者にいかに自分をアピールできるか、これが鉄道会社の面接ではとても大事なことです。

・PR

よく長所、短所という言葉を聞きます。短所を積極的にアピールする人はいないでしょう。鉄道会社では毎年、自己申告で自分の仕事を評価する「自己評価」というものがあります。例えば「仕事で創意工夫ができている」という項目に対して5点満点で自己採点をするというものです。あまりできていないな・・・と思ってもこれに低い点数をつける人を鉄道会社は求めていません。実際にほとんどの社員は満点をつけます。面接に関しても同様です。面接担当者は積極的な自己PRを求めているのです。評価は面接担当者がするもので、自己PRはあくまで自己PRなのです。自分を過小評価したり、短所を正直に言うのではなく10割長所の全力アピールをいかに面接で出来るかが重要です。

・これらは生活相談員の転職活動でも同じです。

About 2017年08月

2017年08月にブログ「DODAナースで転職して入職後のそれからを正直に・・・」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2017年07月です。

次のアーカイブは2017年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38