« ベッカム夫人と不動産のこと | メイン | ジャニーズのイクメンっぷり »

鉄道会社の転職と自己PR

・前職を生かすという言葉

鉄道会社に転職する人の多くは異業種からです。鉄道会社から鉄道会社への転職をする人と比べると数が圧倒的に多いので、面接の際に「前職を生かして」という言葉を担当者は聞き飽きています。様々な業種がある中で鉄道という仕事はある意味特殊な職業です。鉄道会社で仕事をする上で生かせるスキルを身に着けておける仕事(前職)は実は少ないのです。鉄道会社の仕事というのはどういう仕事があるのかという事を細かく知ることが大切です。利用者目線で例えば駅員という仕事を見たときに浮かぶのは改札口に立っている制服を着た係員、という事くらいです。それでは前職を生かしてと言ったところで伝わりません。面接担当者が知りたいのはどれだけこの会社に入りたい、この会社で仕事をしたいという熱意があるかです。利用者目線でその会社を見ていたのではそれは伝わらないのです。駅員という仕事はどういう事をするのか、細かく調べる事や自分が改札に立つことを想定したときにどういう事を考えて立つのか、そのような事がイメージできれば前職をどのように生かすかおのずと具体的な答えが出てきます。

・アピールのむずかしさ

鉄道会社で中途採用を行っているのはいわゆる大手が多いです。そのような会社になると当然採用人数、希望者が多くなります。しかし面接はグループ面接ではなく個別面接という鉄道会社も少なくありません。鉄道という仕事は個人が活躍することよりも、個人個人が決められたことを確実に行うという事が重要です。グループ面接で他人と比較することはあまり意味がないのです。見えないライバルより面接担当者にいかに自分をアピールできるか、これが鉄道会社の面接ではとても大事なことです。

・PR

よく長所、短所という言葉を聞きます。短所を積極的にアピールする人はいないでしょう。鉄道会社では毎年、自己申告で自分の仕事を評価する「自己評価」というものがあります。例えば「仕事で創意工夫ができている」という項目に対して5点満点で自己採点をするというものです。あまりできていないな・・・と思ってもこれに低い点数をつける人を鉄道会社は求めていません。実際にほとんどの社員は満点をつけます。面接に関しても同様です。面接担当者は積極的な自己PRを求めているのです。評価は面接担当者がするもので、自己PRはあくまで自己PRなのです。自分を過小評価したり、短所を正直に言うのではなく10割長所の全力アピールをいかに面接で出来るかが重要です。

・これらは生活相談員の転職活動でも同じです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ipsmusic.com/mt3/mt-tb.cgi/51

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2017年08月28日 14:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ベッカム夫人と不動産のこと」です。

次の投稿は「ジャニーズのイクメンっぷり」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38